サイトへ戻る

春の訪れ

スギ花粉のピークの頃

· 院長ブログ

いつも院長ブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は雲一つない好天ですね。時折風は強く、スギ花粉が多く飛ぶ組み合わせの日です。院長チラッと目のかゆみを感じながら訪問診療に出かけました。

桜に目を奪われがちですが、菜の花の黄色もまたきれいでいかにも春らしい景色です。

みんなで頑張っている感染対策、行動自粛の効果と季節変化も相まって、当愛知県内の新型コロナ陽性報告者も先週末からかなり減少していますね!日曜は一桁台、昨日は30数名と、まだまだゼロにはならないですが大きく成果が出ています。みなさんほんとに頑張ってます!お疲れ様です!

新城市のような田舎では都会の動きから少し遅れることが多く、最近でもぽつぽつと報告はありますがこれもゼロが続く日が近づいていると信じます。それに伴い現在昨年11月終わり頃から4か月近く継続している当院の「かぜ外来」ですが、市内近隣の陽性報告の推移を見ながらまた終了できる日を検討する時期も近いかと期待をしています。その際には速やかに報告させていただきます!

この花粉症の時期に鼻水や咳がでると、かぜなのか花粉症の悪化なのか悩ましい症状の方も多く見えると思います。また今年は日によって急に多くの花粉が飛ぶ日があるためか、昨年までは花粉症なんてなかったのに、今年から鼻も目も・・なんて方もみえています。

花粉症なのか、新型コロナも含めたかぜなのかを見分けるポイントとしては

・毎年この時期感じる花粉症症状と同じ症状がある・・・・花粉症でしょう

・鼻水、喉のかゆみイガイガ、咳もたまに、かつ目がかゆい・・・・花粉症でしょう

・はっきりとのどの痛みがあって発熱、だるさがある・・・・花粉症でない可能性が高いです

・鼻水、目のかゆみ、咳もでる・・・・花粉症のみなのか、花粉症にかぜや副鼻腔炎を併発しているのか一概には区別は難しいでしょう。例えば副鼻腔炎(蓄膿症)を合併すると痰がらみの咳も出たりします。黄色や緑や色のつく痰や鼻水の方はそのような可能性が高く、逆に新型コロナの可能性は少ないでしょう。なかなか区別がつかないこともありますが、この地域の現状からすれば、新型コロナの可能性は決して高くはありませんので過度なご心配はされなくてもよいかと思っています。

発熱がなく花粉症であろうと思われる症状の方は、もちろん通常外来時間に受診されて大丈夫です

かぜ外来に受診したほうがよいのか悩まれる症状のある方は、遠慮なくお電話にてご相談くださいね!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。