Return to site

今年は強敵!スギ花粉

免疫舌下療法 途中経過の報告です

· 院長ブログ

いつも院長ブログをご覧いただきありがとうございます。

3月初旬、今年はスギ花粉で悩まされる患者さんが全国的に多いです。一説には平年の4-5倍?

院長の愛車の上には、まるで半年くらい放置したかと思われるような花粉が積もってます(一か月前に洗車はしました)。当地 新城市は花粉症が凄まじい(^^;。名古屋や豊橋の人がこちらに来るだけでも途端にくしゃみ鼻水、グシュグシュなくらいです。

以前ブログにも紹介したように、院長 今年の春は スギ花粉免疫舌下療法というのをして初めての花粉シーズンを迎えています。 どんなもんなん?それの効果は? と思っている皆さんに、あくまでぼく個人の感想で報告させてもらいます。

 

今年は2月20日頃から本格的なスギ花粉の飛散が始まりました。患者さんの動向を見てもわかりやすいくらいそのころから症状を訴える方が急増!。例年だと内服しっかり+ステロイド点鼻しっかあり、目薬しっかりで迎えてようやくだったのが・・・内服は半分、点鼻なし。目薬はたまに症状ある時くらいで過ごせてました!!  

 

効いてる!1年目にして違うぞ!すげーな。

 

3月に入り、特に7日・8日とスギ花粉飛散のピークシーズン突入! 往診にでると鼻水💧。目もかゆい! でもまた午後の診療中には落ち着いてきます。さすがに今年の花粉量には耐えれないか(*_*)、内服は朝晩しっかりとして、点鼻は半量、点眼は症状あるときで過ごせてます。

いままで花粉症ずっとなかったのにね( ;∀;) っていう患者さんが多い今年、その中で今の管理状態であれば、僕的には治療効果はあると判断しています。

 

少なくとも3年は続けた方がよい治療法、まだ開始後半年ですから・・・。  

また後半戦はリポートします!

 

ちなみに、今年を機に免疫舌下療法やろうと思っている方、治療開始はスギ花粉が落ち着いた時期からしかできませんので、慌てなくても大丈夫ですよ!6月くらいからでしょうか。

 

初回内服はクリニック内で服用してもらいます。その後に強いアレルギー反応が出た際の病院連携を考え、初回治療投与は夕方5時前にはできる方に限らせていただいています。

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly