サイトへ戻る

重要なお知らせ:「発熱外来」

新型コロナウイルスが心配でクリニック受診を悩まれる方へ:むらまつ内科

· 診療やサービス内容のお知らせ

大切なお知らせです。都市部で拡がりを見せる新型コロナウイルス、隣市でも発症患者さんの報告が見られるようになりました。幸い市中流行ではなさそうで、今のところ新城市での発症も聞きませんが、この地でも警戒を強めていくフェーズに入っているのは間違いなく、みなさんも日々先の見えない、姿の見えない敵に恐怖を感じながら生活をされていると思います。ほんとうにお疲れ様です。

当院でもいろいろな状況を想定し、現在でもかぜ症状の方は車で待機、診察や投薬会計も定期通院の方とは別として診療をしてきました。受診の際にご協力頂きましてありがとうございます。

こうした背景には、病院などの医療機関内で感染が広がってしまう、いわゆる「院内感染」が大きな問題であることがあります。この数日で報道も多くみられるようになりました。医療機関がクラスター発生源になってしまっては、元も子もありません。

緊急事態宣言もでるかどうかという現在、また入学・就職など人の移動が増える時期でもあり、まだまだこれからに備えていく必要性があります。

「当院に求められているものは何か」

かかりつけ医として、何をしなければいけないか。この地で医療提供を継続していくために、今どう動くべきか。 

年齢層の高い土地柄、また院長が糖尿病専門医であることもあり、基礎疾患を持たれた方が多いクリニックであること、また当院では病院のように入口やトイレなど完全に一般定期通院の方とかぜ症状の方のために別に用意をして診療をすることが困難であること考え、明日4月2日より定期通院の方と、発熱されているかぜ症状の方との診療時間を分ける試みを始めることとします。

★ 当院の「発熱外来」とは

37度以上の発熱がある、かぜ症状の患者さんで、新型コロナウイルス感染の危険性(クラスターの発生しやすい場所にこの1-2週間の間に行った、周囲に診断された方がみえる、4日以上高熱が持続する、強い倦怠感や呼吸苦症状があるなど)のない方が対象です。逆に感染がご心配の方は保健所帰国者接触者相談センター☏0536-23-4999にお電話お願い致します。※当院では新型コロナウイルスの検査はできません

上記時間以外に来院された発熱のあるかぜ症状の患者さんは、申し訳ありませんが発熱外来時間まで駐車場にて待機頂くか、出直して頂くことをお願いすることとなります。

受診当日に発熱のない方でも三日以内に発熱のあった方は、発熱外来で診させていただきます。

また上記時間に来院された定期通院の患者さんも、午後の診察に回っていただくか、翌日午前にお願いすることとなります。

急な診療スケジュール変更ですし、病状の重症度によって、また定期通院だけど発熱外来中でも構わないという方が見えましたら、柔軟に対応致しますので受付でお声をおかけください。

ぜひ市民、国民一丸となって、この難しい時期を乗り越えていきましょう!

 

今後も必要性を鑑みながら診療体制を変更、対応していくことになると思います。

 

こんな田舎の小さなクリニックが、そこまでやる必要があるのか?かかりにくいからもう利用をやめるわ!というお声もあるかとも思いますが(^^;、どうか、どうか、何卒ご理解、ご協力をお願い致しますm(__)m

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。