サイトへ戻る

日々 是 感染対策

~新型コロナウイルス感染症:当院の取り組み~ 新城市むらまつ内科

· 診療やサービス内容のお知らせ

いつもご覧いただきありがとうございます。

土曜の午後、冷たい雨が上がって日差しが戻ってきました。近くに見える山々から、まるで空に吸い込まれるように湯気?が上がって、幻想的な田舎の風景となっています。

もう一か月くらい、TVをつければ新型コロナ関連のお話ばかり。恐怖、不安で外出もできないような方も見えるのではないでしょうか。特に感染患者さんが多く出ているような地域にお住まいの方、ほんとうに気苦労が絶えないと思います。

患者さんからもそんな不安の言葉を多く聞きます。

「TVみるなら、楽しい番組を見ましょう。都会ならまだしも、新城のような田舎では、自然の移ろいを感じながら日差しを浴びて散歩して。何より安全な健康法ですよ。ちゃんと食べ、よく寝ましょうね。」

そんな風に答えてます。呑気なことを、、と思われるかもしれませんが、誰もが限られた時間の中過ごす人生、デマ・根拠のない不安に飲まれて人生の質を落としてはもったいないです。

これから当地の桜の名所、桜淵公園も開花の時期を迎えます。桜祭りは中止となってしまいましたが、静かに花見を楽しまれるのもまたいいですよね。

もちろん、院長はずっと呑気にしているわけではなく、当院の役割がおろそかにならないよう

皆さんが少しでも安全、安心に受診してもらえるよ、情報収集に当りながら感染対策を行っています。スタッフも率先して診療手順の流れを考えてくれたり、みなで頑張っています!

~現在の当院の感染対応~

・入口からも含め、手指消毒薬を通常時より多めに設置、掲示、声掛け。休憩時間や診療終了後の徹底した院内消毒

・発熱の有無によらず、かぜ様症状がある方は、通常の待合室でおまちいただくことがないよう、自動車内や処置室ベッドでの待機をお願いする(診察後、会計や投薬も同様です)

・医師の診察室も通常診察とかぜ様症状患者さん用で分ける

 

~今後可能性のある対応~

・市内、近隣で新型コロナウイルス感染が確認された際には、一般の診察時間とカゼ症状の診察(感染症外来)時間を分けることを検討しています(案:午前も午後も、最後の30分に感染症外来)。急な変更となる可能性がありますが、そのような際はどうぞご理解ください。

また、少し前から医師間で話題になっていたのがありですが、インフルエンザ感染が疑われるときに皆さん受けたことがあると思われる、あの鼻から綿棒をぐりっという楽しくない検査がありますよね。溶連菌感染疑いの際の、喉を綿棒でゴシゴシも同様ですが、それらの診断行為が、もし新型コロナウイルス感染の患者さんに行ってしまうとウイルスをまき散らしてしまう可能性がある、とのこと。かなりな重装備の感染対策をした上でないと医師も濃厚接触対象になるそうです。そのような見解から、日本医師会や各学会からのガイドラインでもそのような重装備が難しい一般のクリニックでは気軽に行わないほうがよいという勧奨がでています。もちろん医師だけでなく、その場に同席する看護師や患者さんご家族にも感染機会となってしまいます。そのため、、、

 

・当院ではしばらくの間インフルエンザ感染に代表される鼻やのどをこすってやる検査は控えさせていただきます

市内のクリニックもおそらく同様の対応をされると思いますし、夜間・休日診療所も同様と思います。

みなさんのご理解ご協力をよろしくお願いいたしますm(__)m

臨時のかぜ患者さん用診察室です
すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。